ふんわりソフトを食べてみて

ご飯食からパン食にシフトしつつある今日この頃。


朝は大体食パンと目玉焼き、野菜スープみたいな献立になっています。


もちろん食パンはトーストするんだけど、今までバターを使っていたのを明治のふんわりソフトっていうマーガリンにしてみた。
マーガリンはトランス脂肪酸うんぬんとかで批判されることが多いけど、アメリカ人みたいに食べ過ぎなきゃ特に問題がないかと。


朝ご飯のパンに少し塗るくらいなら全く問題ないと個人的には判断しました。


マーガリンって専用の丸っこい容器に入っていて食パンに塗りやすいのが嬉しいですよね~
バターだと溶けるのを待たなきゃいけないし、固いから塗るのが大変!
こういったちょっとしたストレスを朝から味あわなくて済むってのは意外とメリットの一つなんじゃないかな~。


味も昔食べたマーガリンより大分美味しくなっているような気がしています。


昔はこんなに溶けなかった気がするんだけど、ふんわりソフトはバターみたいに美しく溶ける。
バターの代替品ではなくて、マーガリンとして進化し続けているのかもしれませんね。


マーガリンに合うジャムも今探し中♪